証明書をつけると何ができるのですか?

証明書を手放した後の作品の行方や来歴を管理したり、作者自身が登録することでより信憑性の高い真贋を担保できます。

また、展覧会歴や作品の来歴を自動に残していくことができ、様々なサービスでも横断して共有できるようになります。