どのような使い方が考えられますか?

例えば、コレクターの方が自身のコレクションを管理する際に利用できます。

所有投稿時に作品の公開をONにしておけば、自身のコレクションを公開することもできます。